本日の一品

Shoji Kamoda

加守田章二 [彩色]盃

h5.3×w8.3cm 1972年  共箱

加守田章二 彩色盃

 

 

加守田章二 彩色盃のこと

1970年代初頭。
大阪万博開催によりカラー写真が広く普及、札幌オリンピック開催が契機となり、お茶の間の「白黒」テレビがカラーになっていった。このように、1970年代初頭は、人々の暮らしの日常がモノクロからカラーへ大きく移行した時代でした。
加守田章二が、それまでのモノトーン・無彩色の作品から突然、赤や緑の彩色を使ったカラフルな作品を発表し始めるのは、時代背景も大きく影響していた。

1972年(昭和47年)、加守田章二39歳。

この頃の加守田は、彩色・図案・形状が多様に変遷しており、作品はさまざまに変化して創意・創作意欲がもっとも充実していた時期にあたります。
翌年後半に赤や緑の彩色が消え失せるまでの71年から73年前半までの加守田の九百日は、まさにカラーの時代でした。

この作品は、1972年に岩手・遠野の工房で制作された個展未発表の作品です。遠野の粗い土を用い、赤・緑・黒の三色の彩色で不定形な斜文様を施し、白い点々文様が印象的である。形状は、高台部より全体的に丸みをおびて口辺が内側にわずかに入り込む、加守田がもっとも好んだ姿をしています。
特筆すべきは、この作品のサイズが格別に大きいことにあり、加守田の酒器のなかでは最大級を誇ります。

加守田のこの時代の酒器の希少性は誰でもが知る。この新発見の盃の存在は、誰も知らなかったとは言い過ぎかもしれませんが、コレクター垂涎の一品であることに違いはありません。

 


 

ご内覧希望・在庫・価格など、この作品についてのお問い合わせは、メールでお願いいたします。

 


 

Our online shop cannot deal with foreign transaction due to technical problem.

If you are interested in our products, please contact us by E-mail with item’s number [#000], your country and region.

We will inform you of availability of stock, estimated delivery fee, and payment method.

e-shop◎kurodatouen.com   (please change ◎ to @)

 


 

facebook

Twitter

Instagram

www.kurodatouen.com




作品お問い合わせ番号 : #563

お気軽にメールでお問い合わせくださいませ。  お問い合わせ