本日の一品

Shoji Hamada

濱田庄司 柿釉青流扁壷

h23.0×w15.2×d8.4㎝ 共箱 1960年代

濱田庄司 柿釉青流扁壷

 

民藝巨匠・濱田庄司の代表的作風が現れる扁壷です。
赤味のある茶褐色の柿釉の上に、濱田庄司が「青」と呼ぶ緑釉を流し掛けしています。
黒色から茶褐色への釉薬変化に見どころがあり、緑釉の発色も理想的な仕上がりになっています。
表裏の流し掛け文様の違いもあって装飾性を兼ねそなえた、身近に飾って楽しめる濱田庄司の一品です。
高台内側には、新作発表当時の作品番号シールが残されています。


濱田庄司 はまだしょうじ

1894 神奈川県川崎市に生まれる
1916 東京高等工業学校窯業科卒業
     京都市陶磁器試験場へ入所
1920 バーナードリーチの誘いで渡英
1924 帰国後、沖縄・京都などに滞在する
1926 柳宗悦・河井寛次郎らと民芸運動を起こす
1931 栃木県益子の住居に登窯を築く
1942 古民家を移築し、陶房兼住居とする
1955 重要無形文化財保持者(人間国宝)に認定される
1968 文化勲章を受章
1978 逝去(享年84歳)


ご内覧希望・在庫・価格など、この作品についてのお問い合わせは、メールでお願いいたします。


 If you are interested in our products, please contact us by E-mail with item’s number [#000], your country and region.
We will inform you of availability of stock, estimated delivery fee, and payment method.
e-shop◎kurodatouen.com   (please change ◎ to @)


作品お問い合わせ番号 : #558

お気軽にメールでお問い合わせくださいませ。  お問い合わせ