本日の一品

Munemaro Ishiguro

石黒宗麿 赤絵獅子注子

h9.5×w12.0×d7.5cm 共箱 1940年頃

石黒宗麿 赤絵獅子注子

 

石黒宗麿 赤絵獅子注子のこと

石黒宗麿の名を世に知らしめることになったのが、昭和十年代初頭から手掛けていた鉄釉を用いた柿釉と木の葉天目です。
戦後、その作品群が評価され、鉄釉陶器の重要無形文化財技術保持者(所謂人間国宝)に認定されることになりました。

石黒宗麿の作陶活動は、初期から最晩年まで全期にわたって、自由闊達・自由自在と称されるほどに多様性に富んだ名作を数多く遺しました。高度な技術を注ぎこんだものあれば、稚拙に遊んだものもある石黒の作品は、そのどれもが陶器のもつ本質的な美意識でもって制作されていました。

石黒宗麿は、放浪していた若い頃に、中国南宋期の曜変天目茶碗「稲葉天目」を偶然目にし、その美に感動し陶芸家を志している。その感動の体験によって、古陶磁を幅広く見るようになり、その古陶の美を吸収昇華し、自らの作品の創作に向かっていった。
その境遇は、窯元陶工出自の同時代の人間国宝らとは異なり、それが石黒の飛び抜けた個性として輝きを放っていたのである。

この作品は、赤と緑の上絵を施した赤絵磁器で、赤絵注子と名付けられた、中国明時代末期(十七世紀)に中国華南地方の広東省・福建省周辺で焼造されていた「呉須赤絵」「古赤絵」を軌範に制作した作品である。

轆轤を使わずに型を使った手捻りでの制作は中国の伝統技法を巧みに取り入れて、必然的に導かれる磁土の皺や割れ目をうまく引きだし、雅稚な呉須赤絵の風情を表現。前後に赤絵で描かれた「獅子」の文様も巧みに愛嬌あるヘタウマを引きだし、作品をチャーミングにしている。

注子とは、お茶を煎れる茶注・急須を意味し、本作には茶漉しの為の多数の穴が内部に開けられています。

この作品は昭和十五年頃に制作したもので、木の葉天目など鉄釉作品を盛んに制作した時期と重なり、同時進行で天目作品とは対極的なこの作品も手がけていたことに石黒の懐の深さを感じます。

石黒宗麿の赤絵磁器の作品は珍しく、これは新発見の一品です。

 


 

 

石黒宗麿 いしぐろむねまろ

1893  富山県新湊に生まれる
1918  国宝・曜変天目茶碗を見て感動し、陶芸家を志す
1919  東京で陶芸制作を始める。その後各地に転居を繰り返す
1927  京都東山蛇ヶ谷に移る。盟友となる小山冨士夫を知る
1935  京都洛北八瀬に窯を築く
1937  パリ万国博覧会に出品し銀賞受賞
1941  [石黒宗麿作陶展観](銀座 黒田陶苑)
1955  重要無形文化財保持者(人間国宝)に認定される
          荒川豊蔵、加藤唐九郎らと[日本工芸会]を結成
1963  紫綬褒章を受章
1968  逝去(享年75歳)


ご内覧希望・在庫・価格など、この作品についてのお問い合わせは、メールでお願いいたします。


Our online shop cannot deal with foreign transaction due to technical problem.

If you are interested in our products, please contact us by E-mail with item’s number [#000], your country and region.

We will inform you of availability of stock, estimated delivery fee, and payment method.

e-shop◎kurodatouen.com   (please change ◎ to @)


 

facebook

Twitter

Instagram

www.kurodatouen.com



作品お問い合わせ番号 : #556

お気軽にメールでお問い合わせくださいませ。  お問い合わせ