本日の一品

Shoji Kamoda

加守田章二 湯呑[一九七四]

h9.0×w7.7cm 1974年 共箱

加守田章二 湯呑[一九七四]

 

この加守田章二先生の湯呑は、1974年のものです。
1974年は加守田の制作の転換期にあたり、この年に制作された作品は、色彩・カラーの一切を排除した緊張感みなぎる造形的表現を重視したものが中心でした。
今回ご紹介いたしますこの作品・湯呑は、大型作品の多かった1974年の中で、特に稀少性を持つものです。
湯呑の外側に施された刻文様は、花器・壷などの大型作品に象徴的にみられるものです。
ずっしりとした重みは、実用の湯呑とは一線を画す感覚を覚え、サイズ的には小さいものですが、作品としての大きな価値を感じます。

 


 

加守田章二 かもだしょうじ

1933 大阪府岸和田市に生まれる
1952 京都市立美術大学工芸科陶磁器専攻に入学
1956 京都市立美術大学卒業。茨城日立に移り製陶所に勤務
1959 栃木県益子に移り制作を開始
1962 穴窯での灰釉作品の制作が始まる
1965 灰釉作品が注目される
1966 日本陶磁協会賞を受賞
1967 高村光太郎賞を受賞
1969 岩手県遠野に移り、その後作品は毎年変化していく
1970 [曲線彫文]を発表
1971 [彩色]を発表
1974 [陶板展](銀座 黒田陶苑)以後毎年出品
1979 東京東久留米に工房を移す
1983 逝去(享年49歳)


ご内覧希望・在庫・価格など、この作品についてのお問い合わせは、メールでお願いいたします。


Our online shop cannot deal with foreign transaction due to technical problem.

If you are interested in our products, please contact us by E-mail with item’s number [#000], your country and region.

We will inform you of availability of stock, estimated delivery fee, and payment method.

e-shop◎kurodatouen.com   (please change ◎ to @)

作品お問い合わせ番号 : #541

お気軽にメールでお問い合わせくださいませ。  お問い合わせ