本日の一品

Toyozo Arakawa

荒川豊藏 赤絵櫻盃

h5.2×w6.2cm 共箱

荒川豊藏 赤絵櫻盃

 

生涯をかけて志野・瀬戸黒を追求し、人間国宝となり文化勲章を受章した昭和の陶芸巨匠の荒川豊藏が作った色絵磁器の作品。
絵の才能があることを自覚し、画工として陶芸人生をスタートさせた荒川豊藏は、若い頃には、色絵や染付の作品を多く手掛けていました。

この作品は、名を馳せ有名となった以降に制作されたもので、豊藏の画才が垣間見れる作品になっています。

十年ほど前にもこのタイプの名作を取扱いましたが、発色・図案のバランスなど今回の作品も決して見劣りすることなく、かえって味わいの部分では魅力的に感じています。


 

荒川豊蔵 あらかわとよぞう

1894 岐阜県多治見に生まれる
1922 京都に移り、宮永東山窯の工場長を務める
         北大路魯山人に出会う
1927 鎌倉に移り、魯山人の星岡窯に勤務
1933 星岡窯を辞し、美濃大萱牟田洞に移り作品制作を始める
1941 初個展(梅田阪急・当苑主催)
1946 多治見・虎渓山に食器製造目的の水月窯を創設
1955 重要無形文化財保持者(人間国宝)に認定される
1960 宗達下絵光悦筆[三十六歌仙和歌巻](重要文化財)を購入
1971 文化勲章を受章
1977 随筆集[縁に随う]刊行
1985 逝去(享年91歳)

作品お問い合わせ番号 : #537

お気軽にメールでお問い合わせくださいませ。  お問い合わせ