本日の一品

Munemaro Ishiguro

石黒宗麿 小壷 [白地黒絵縄文]

h12.3×w8.9cm 共箱

石黒宗麿 小壷[白地黒絵縄文]

 

石黒宗麿先生の「絵高麗」タイプの縄文を施した作品です。類品の極めて少ないこの作品は、中国磁州窯風の白地黒絵の技法を取り入れ、独創的な縄目の連続模様をつけています。ユニークピースゆえに制作年は不明ですが、使用している土を考察すると1950年代の人間国宝に認定された頃の作品と思われます。

椿や桔梗など一輪を入れて楽しむことに適した小さな壷。花を入れなくてもリビングや書斎に飾るだけでも絵になる作品です。

 

石黒宗麿 いしぐろむねまろ

1893 富山県新湊に生まれる
1918 国宝・曜変天目茶碗を見て感動し、陶芸家を志す
1919 東京で陶芸制作を始める。その後各地に転居を繰り返す
1927 京都東山蛇ヶ谷に移る。盟友となる小山冨士夫を知る
1935 京都洛北八瀬に窯を築く
1937 パリ万国博覧会に出品し銀賞受賞
1941 [石黒宗麿作陶展観](銀座 黒田陶苑)
1955 重要無形文化財保持者(人間国宝)に認定される
     荒川豊蔵、加藤唐九郎らと[日本工芸会]を結成
1963 紫綬褒章を受章
1968 逝去(享年75歳)

作品お問い合わせ番号 : 491

お気軽にメールでお問い合わせくださいませ。  お問い合わせ