本日の一品

Kenkichi Tomimoto

富本憲吉 白磁八角皿

h2.7×w17.0cm 1934年 共箱

富本憲吉 白磁八角皿

 

富本憲吉先生が昭和9年、東京世田谷の工房で作られた白磁の皿。この時、来日したバーナードリーチとともに自工房で作陶をしたことから、リーチの影響を受けたのか、久し振りに英語を聞いて英国留学当時の事を思い出したのか、形状はブリティッシュデザインを踏襲にしたものになっています。上質でハイカラで清潔感あるこの皿に、どのような菓子を盛り付けるか、楽しい想像をかきたてそうです。

 

 

富本憲吉 とみもとけんきち

1886 奈良県旧安堵村に生まれる
1904 東京美術学校図案科に入学
1908 建築・室内装飾を学ぶためイギリスに留学
1910 帰国。木版画などの制作を始める
1913 バーナードリーチの指導により楽焼の制作を始める
1919 白磁の制作を始める
1926 濱田庄司・河井寛次郎らと民芸運動を起こす
1927 東京・上祖師谷に移る
1935 武蔵野美術大学教授に就任
1944 東京美術学校教授に就任
1946 東京美術学校教授を辞任し、京都に移る
1948 [富本憲吉新日本画鑑賞会](銀座 黒田陶苑)
1949 [富本憲吉小品陶画展](銀座 黒田陶苑)
1950 京都市立美術大学教授に就任
1955 重要無形文化財保持者(人間国宝)に認定される
1961 文化勲章を受章
1963 京都市立美術大学学長に就任
         逝去(享年77歳)

作品お問い合わせ番号 : 490

お気軽にメールでお問い合わせくださいませ。  お問い合わせ