本日の一品

Mineo Okabe

岡部嶺男 伊羅保鉢

h7.0×w16.5cm 1950年代前期 共箱

岡部嶺男 伊羅保鉢

岡部嶺男の最初期の作品。1947年に復員後に豊田市平戸橋で制作を開始した嶺男は、すぐに地元の土を使っての試作を始めました。高麗李朝陶にも適した陶土の発見により、粉引・刷毛目・伊羅保・三島・斗々屋などのうつわ作品を手がけはじめる。そして、自宅を会場に展覧会をし、その成果を披露するようなことをしてゆきます。この作品はその当時の作品で、箱の状態は良いとはいえませんが、当時のままの箱が添う貴重な作品です。

 


 

岡部嶺男 おかべみねお

1919 愛知県瀬戸市に生まれる(加藤唐九郎の長男)
1938 東京理科大学に入学
1940 大学を中退し入営。各地を転戦
1945 敗戦後、捕虜となる
1947 復員。愛知県豊田市平戸橋に移る
    作陶を再開する
1954 日展北斗賞を受賞
1962 青瓷を始める
1965 紺綬褒章を受章
1968 愛知県日進に移る
1970 窯変米色瓷が完成
1978 病に倒れ半身不随になる。加藤から岡部に改姓
1989 再起新作展を開催し新作を発表
1990 逝去(享年70歳)
2011 没後20年回顧展[宿命-岡部嶺男展](銀座 黒田陶苑)

 

 

ご内覧希望・在庫・価格など、この作品についてのお問い合わせは、メールでお願いいたします。

作品お問い合わせ番号 : 489

お気軽にメールでお問い合わせくださいませ。  お問い合わせ