陶心雅報

奥磯太覚展が始まりました。

本日より、奥磯太覚展が始まりました。

志野焼の故郷・美濃大平の地で、古風な薪窯を使って作陶する奥磯さんの志野は、薪でじっくり焼くことで生まれる、柔らかく温かい肌合いが特徴です。

今回は、志野・瀬戸黒などの茶碗・花入や酒器、織部の食器まで、薪窯で焼かれた新作80余点を展示いたします。

1月15日(木)19時までご覧いただけます。尚、12日(月)は定休日です。

« 前の記事:大藏達雄さんの... を読む

次の記事:山崖兄弟展は、... を読む »

陶心雅報トップへ戻る